東京駅で日本一と名高いつけ麺を食べた。千葉県松戸市の「とみ田」

東京駅丸の内からすぐ、KITTE(キッテ)丸の内地下1階「ラーメン激戦区 東京・丸の内」 というエリアが2019年3月にオープンしました。
ここに、日本一と名高いつけ麺のお店が入ったということで、食べに行ってきました^^

それは千葉県松戸市の「とみ田」直営店の「松戸富田麺絆(まつどとみためんばん)」

平日の18時半くらいに「松戸富田麺絆(まつどとみためんばん)」に来ました。
やはり、少し並んでいましたが思ったほどは行列にはなっていませんでした。
ラーメン屋の行列には、綺麗な女性なんかも並んでいまして驚きました。

店名に、地域の名前が入っているのは良いですね!地域愛があって。

「松戸富田麺絆(まつどとみためんばん)」は電子マネーSuicaも使用できる

普通のラーメン屋と異なり、良かったのは支払いに電子マネーのSuicaが使用できました。
キッテ(日本郵便の商業施設)に入っているメリットですね。
メニューは大きく分けて

  • 濃厚つけめん、お値段920円(並)
  • もりそば、お値段900円 (並)
  • 中華そば、お値段900円 (並)

でした。大盛や全部のせとかのトッピングがありました。

やはり濃厚つけめんを注文している人が多かった

タッチパネルを押す人や、食べている他のお客さんを見ていましたが、
やはり、濃厚つけめんを注文している人がほとんどでした。

お客さんの中には、

  • 濃厚つけめん全部乗せ、お値段1,620円に
  • 餃子もつけて

一食にお値段2,000円くらい食べている人もいました(-.-;) すげ~な(-.-;)

10分くらい行列を待ち、やっと席に座れました。
店内は27席のオールカウンターでした。

注文したのは濃厚つけめん並盛り

今回、俺が注文したのは、濃厚つけめん並盛りでした。
俺の両サイドは、

  • 濃厚つけめん、全部乗せ
  • 濃厚つけめん、大盛

でしたけど(-.-;)
そして、スープの飛び跳ねが心配でしたので、俺は見た目も気にせず前掛けをもらいました(-.-;)

つけめんの美味しい食べ方

つけめんの美味しい召し上がり方として

  • まずは、麺のみを何もつけずに少量食べる
  • そのあと、つけダレをよく混ぜ、一口分の麺をとり、つけダレにつけて食べる(全部つけるのではなく、半分くらいつけても美味しく食べれる)
  • 麺と具材が食べ終わったあとは、スープ割りがあります。スタッフまで声をかけて下さい

とのことでした。

ということで、さっそく濃厚つけめんをいただきます^^
日本一の味わいはどんなものか^^

俺的勝手な感想

★★★★☆
星3.5個

ラーメン屋への行列や、若い女性も普通に食べに来ているところから人気の度合いがうかがえます。
そういわれてみれば、俺はつけ麺は久しぶりに食べるかも^^
麺の独特の色や触感も、美味しかったですが、俺は癖になるほどの中毒性は無かったです(-.-;)
むしろ、ラーメンスープの飛び跳ね注意でした(前掛け無しでは俺は死んでました)、、、

ただ、とみ田は良く良く考えますと、セブンイレブンでも商品化され売られていますね!ふるさと納税や宅麺もやっているみたいで、手広く儲かっていそうですね~(-.-;)
今度、セブンイレブンのとみ田を食べてみようかな。

場所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内2丁目7−2 KITTE丸の内地下1階「キッテ グランシェ」内 ラーメン激戦区東京・丸の内

俺としたことがスープ割り、注文し忘れました(-.-;)
ご馳走様でした。

参考:

セブンイレブンのとみ田つけ麺、冷凍食品もあり

セブンイレブンで、ラーメンも冷凍ラーメンも売られていました。とみ田。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です