静岡市にタピオカ屋が続々と大量オープンしていた

タピオカがブームだという話は知っていましたが、
最近気が付いたのですが、静岡市にめちゃくちゃ大量に、続々とタピオカ屋が出来ていますね!
これだけ人気だと、儲かるんでしょーねー(-.-;)

最初は北街道の風鈴が心地よいと思いながら静岡の街中を散歩していました。

最近、少し涼しくなりましたね!
やっと、歩いていてもそんなに苦にならなくなりました。今年の夏はめちゃくちゃ暑くて、全然出歩く気にならなかったのですが、
やっと、散歩できるようになってきました。
北街道の商店街が、屋根があり日陰で、さらに風鈴が涼し気にチリンチリンとなり散歩にはお勧めです^^

そういえば一時、長蛇の行列を作っていたゴリラティーは今では並んでいませんでした。

そんな北街道を歩いていたら、今年の5月くらいに北街道に信じられないくらいの行列が出来ていたお店「ゴリラティ」があるのを思い出しました。

ちょっと散歩ついでに見て見た所、今は行列が出来ていませんね。あの行列は何だったんでしょうーねー。ビックリしちゃいますよ(-.-;)
よく言われますが、静岡人は熱しやすく、冷めやすいですよね。

タピオカに注目して歩くと静岡の街中には至る所にタピオカ屋が目につく

そんなゴリラティーを横目に、静岡の街中を歩いていたら、
気が付きませんでしたが、めちゃくちゃたくさんタピオカ屋がオープンしていますね!

そして、たくさんのタピオカ屋があるからか、一軒あたりは「ここはめちゃくちゃ人気」みたいな行列は無く、うまい具合に分散されている感じです。

それにしても、異常に多く感じます、、、
俺は何が美味しいのかわかりませんが(笑、言っちゃった)、これだけ人気ならめちゃくちゃもうかるんでしょーねー(-.-;)
でも、ブームが去ったらこれらのお店はどうなっちゃうんだろう、、、

タピオカブームが来ると景気が悪くなるという都市伝説

静岡市でタピオカ屋をGoogle検索したら、こんなにありました(-.-;)

皆さんは知っていますか?タピオカブームが来ると景気が悪くなるという都市伝説を。

  • 第一次タピオカブーム 1992年 →バブル崩壊
  • 第二次タピオカブーム 2008年 →リーマンショック
  • 第三次タピオカブーム 2019年 →今

まあ、たまたまだとは思いますが・・・、
今はまさに景気が良い時期ですので何かのトリガーでまたガクンと大きな事が起こるかもですね、、、アメリカと中国が気になります(-.-;)

「静岡市にタピオカ屋が続々と大量オープンしていた」への2件のフィードバック

  1. フナさん

    こんにちは。

    嫌な都市伝説だなぁ笑
    増税を真近に控えて不景気とか、ガッカリ過ぎますね…

    タピオカが流行るのって、なんか分かります。
    カロリー低いのに腹持ち良いから、若い女子は罪悪感無く飲めますものね。

    でも白いたい焼きやパンケーキブームみたいになりそうな予感笑

    タピ屋さんのタピは高いし、並ぶのダルいから飲まないけど、私もコンビニタピは割と飲みます。
    ファミマのとか、安いし並ばなくていいし、美味しいですよ^^
    お試しあれ!

    1. >西タニシさん

      おはようございます。
      嫌な都市伝説ですね笑。
      でも、ネットで調べると確かにそんな都市伝説を書いている人もいますので、
      そんな考え(読み方)の人もいるんだなと思いました。まあ、ハズレてしまうかもですけど笑

      なるほど!今のタピオカの人気の理由はそういう理由もあるんですね。
      実際飲んでみましたが、良さはわからず(-.-;)でも流行ってこんなものかな
      (SNS映えとか)って思っていました。
      白いたい焼きもありましたね笑。流行と言うのは、終わってしまえば「一体何だったのか?」的で面白いですよね笑
      ファミマのタピオカ、近いうちに飲んでみます^^

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です