甘酒はお酒ではない?アルコールが入っているのかどうか

皆さん、甘酒って飲みますでしょうか?
俺は滅多にまず飲まないのですが・・・
この前、どぶろくと間違えて甘酒を買ってしまいました。 間違えというより、勘違いでしょうか(-.-;)
そして、そんな間違えから甘酒について調べ、理解を深めました。

実は甘酒はお酒ではない!「酒」と名前についているけど

甘酒をどぶろくと間違えて購入してしまいましたが、「まあお酒なら何でも良いか笑」とポジティブに考えたのですが・・・
実は、甘酒はお酒では無かったです!
何故、お酒でもないのに「酒」の字がついているかと言うと、酒蔵で作られていたりするからだけでした(-.-;)

甘酒はお酒では無いということはアルコールが含まれていない?未成年も飲んで良い?

答えは、Yesでした。
アルコールを含んでいる含んでいないは、いったんおいておいて、甘酒は酒類には分類されず、ソフトドリンクでした。
つまり、未成年も飲んで良いのです。

米麹の甘酒はアルコール度数0%

実は、甘酒には二種類ありました。

  • 米麹の甘酒と
  • 酒粕の甘酒

米麹の甘酒は、アルコール分0%なので、未成年も飲んでいいどころか、
完全にお酒でないの酔うことも無いですし、飲酒運転になることもありません。

酒粕の甘酒はアルコール度数1%未満

酒粕の甘酒はアルコールを少ないですが1%未満含んでいました。
でも、アルコール度数1%未満は、酒類には分類されず、ソフトドリンク分類ですので、未成年が飲んでも問題はありません。
ただし、飲酒運転にならないか?と言いますと、確率は低いにしてもなる可能性も否定は出来ません。
酒粕の甘酒の飲む量と、その人個人のアルコールの強さに結局はよってしまいます。ですので、注意はしましょう。

甘酒はお酒では無かったので、俺は今回甘酒を購入後後悔してしまいましたが、甘酒の事を知れたのは良かったです^^

「甘酒はお酒ではない?アルコールが入っているのかどうか」への2件のフィードバック

  1. フナさん

    こんにちは。

    仰る通り、米麹の甘酒には全くアルコールが入っていません。
    今は子供が牛乳で割って飲んでるCMもある程です。
    冬場の屋台などで販売している物は全て酒粕の物で1%未満でもアルコールが入っている為、本来なら未成年者は飲んではいけない物です(ノンアルビールやノンアル酎ハイも未成年は飲むのは禁止なのと同じ理由です)。
    例えば奈良漬けを食べても酔っ払うし、飲酒で引っかかりますよね。
    ニュアンスとしてはアレと同じですかね。

    「どぶろく」はそもそも昔から農家が非営利目的…自宅で飲む用にこっそり作っていた密造酒なので、戦後すぐに酒造・販売自体が禁止され、今現在も一部の教育特区以外では販売は勿論、酒造を法律で禁止されています。
    今、酒販店にどぶろくとして販売されているのは、製法・成分共に所謂濁り酒です。

    1. >西タニシさん

      こんばんは。
      メーカーの情報をみて見ましたら「法律上は未成年者も飲用可能」ですが、
      オススメしないという表現ですね。
      まあ、本来大人を想定して作ったものですし、教育上も良くないという事みたいですね。
      https://www.morinaga.co.jp/amazake/knowledge/
      https://www.suntory.co.jp/arp/minor/?_ga=2.232368607.1903847079.1575634661-1500952428.1575634661
      販売店に対しては未成年に販売しないようにお願いしているそうですね。

      「どぶろく」はそんないわれだったんですねー。
      知りませんでした。どぶろくには税金がかからなかったんですね。
      今でも飲めるどぶろく特区というものがあり、静岡県には裾野市がそうなんですね!
      裾野市「富士山すその湧水どぶろく・リキュール特区」
      お土産で買うと、税金がかかるみたいですねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です