ラーメンが食べたい!

新静岡セノバでラーメン「ちばき屋」フードコートにある

1992年から東京江戸川区東葛西にあるラーメン屋さん「ちばき屋」が、新静岡セノバに2021年6月にオープンしていました。

新静岡セノバのフードコートにあるんですけど、ラーメン屋さん「ちばき屋」は

ザ・支那そば

みたいな印象ですね!

支那そば 煮玉子のせ 醤油

こちらが、今回注文しました

支那そば 煮玉子のせ(醤油)、930円

の写真です。

ではでは、いただきまーす!!

麺はちぢれ麺が、いい感じですねー!

昔ながらっぽいラーメンで、ギトギトさは一切なく、

メニューの写真のイメージよりもシンプルなラーメンの味わいです。

その上での、ちぢれ麺です!

静岡フナ

ちぢれ麺が昔っぽさを感じさせるのでしょうか?

もちろん、カップラーメンみたいな感じの麺ではないです。

俺には、何故か懐かしい感じの味わいですねー。

ここらへんが「ザ・支那そば」って感じです。

緑のアクセントも和風っぽさがあり、上品な感じが少ししました。

元祖 半熟煮玉子

ちばき屋さんのホームページを見てみますと、

その中でも『半熟煮玉子』は、ちばき屋考案の代表作であり、新しいラーメン具材として
今や誰もが眼にするようになりました。 一度、元祖を味わってください。

https://www.chibakiya.jp/spirit

実は、半熟煮玉子の元祖らしいです!

ということで一度、味わってみました。

静岡フナ

元祖だから、という特別性は特に感じられなかったですけど、

普通の支那そばが830円で、煮玉子のせが950円なので、煮玉子は120円ということですね(-.-;)

チャーシューは噛みごたえいい感じでした。

これもどちらかというと、ラーメンの昔っぽさの雰囲気を残しつつ、昔より進化している感じですね!

静岡フナ

昔は、こんな感じのチャーシューは滅多になかった印象なんで、昔とは違うんですけど、シンプルなラーメンにアクセントになるような味わいのチャーシューでした。

支那そばのラーメンスープ

ラーメンスープが美味しいですよねー。

醤油っぽさと出汁の味わいで

もう一口、もう一口、最後にもう一口

と、なっちゃうタイプのラーメンスープです。

ちばき屋ラーメンメニューと平日ランチセットメニュー

ベースは全部同じ「支那そば」のようですね。

支那そばには、醤油と塩が選べました。

醤油と塩、どっちが人気か店員さんに聞いたら、「醤油」という話でした。

平日ランチ時には、セットメニューがあり、

お好きなラーメンと白米や中華ちまきや豚丼といった、ライスとラーメンをセットで注文できるメニューがありました。

あと、支払いは電子マネーPayPayも可能でした。

新静岡セノバのフードコート平日ランチタイム雰囲気

平日の新静岡セノバの雰囲気です。

時間は、12時50分くらいだったので、ちょっとランチタイムピークを過ぎているかもしれませんが、

普通に余裕で座れる席がありましたね。

静岡フナ

普通に、どこに座ろうか席が選べるくらいありましたね。

俺はお一人様で来ましたが、数人で来たとしても、座る席はあったと思います。

やはり、休日よりは人が少ない印象なのと、

団体さんよりも、男性も女性もお一人様客がまあまあいるので、より混み合っていなく感じたかもしれません。

俺的勝手な感想

評価 :3.5/5。

星3.5個!

昔っぽい支那そばを懐かしい感じに食べれました。

(体に悪そうな)中毒性はなく、きれいに味わいもまとまっているので、女性でも誰でも好き嫌いなく食べれるようなラーメンな気がしました。

お腹がズーンと重たくなることもなかったですね。

女性のお一人様も、俺みたく普通にちばき屋のラーメンを食べていました。

フードコードというのは(混み合っていなければ)敷居の低さもあって、良いですね!

〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠1丁目1−1 新静岡セノバ 3F

ABOUT ME
静岡フナ
ハンドルネーム:フナ 静岡をこよなく愛しているサラリーマン(ついに40代男、月日は恐ろしい、、、)。 静岡を散歩し、日々いろいろ観察し発見を心がけています。 ※普段はサラリーマンらしくスーツです 特徴としましては ・辛さに弱く ・日差しに弱いです 以前は、静岡探検倶楽部でブログをしていました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。