煮干しラーメン日出次。伊吹いりこ淡麗煮干限定A、静岡市ランチ

久しぶりにラーメンを食べようと、気になっていましたが静岡駅から結構離れていてなかなか行けなかったラーメン屋に行ってきました。

  • 麵屋、日出次(ひでつぐ)

静岡駅から歩くと15分くらいかかります。

ランチタイム14時に行ったが混んでいた

日出次の営業時間は、

  • 平日朝、7時~10時
  • 平日昼、11時~14時
  • 休日朝、7時^10時
  • 休日昼、11時~15時

今回は休日のランチタイムが過ぎた14時ちょっと前に行きました。

それでも超混んでいました。店の外で待たされた

日出次に行ったら、店内は満席で追い出されるかのように店の外で待たされました。
店外には待つ用の椅子があり、ギリギリ日陰だったのが救いでした(-.-;)

日出次の店内の雰囲気。それほど広くはない

日出次の店内の店内の雰囲気はこんな感じでした。
カウンターが両サイドにあり、満席でした。

テーブル席とかはなく、お一人様のお客に向いていますね。
何人かで来た場合、横並びに座れるかと言うと、厳しいかもしれませんね(-.-;)

まずは食券機で。遅い時間だとほとんどのメニューが売切れ

休日の14時くらいにランチに行ったところ、ほとんどが売切れで、
一択のメニューしかありませんでした、、、それが

  • 伊吹いりこ淡麗煮干限定A、お値段870円

不人気だから残ったのか、気になりましたが、せっかくここまで歩いたので、食べて帰ることにしました。

静岡市日吉町の日出次には駐車場もある

今回、俺は静岡駅から暑い中、歩いてきましたが・・・
実は、日出次には駐車場があったみたいです。というか、遂に駐車場が出来たようです。

日出次のラーメンのこだわり

日出次のラーメンスープは、化学調味料不使用だそうです。
素材の味、旨みを引き出せるように工夫されているそうです。

そしいぇ、その素材の入手先がこちら。
残念ながら、静岡県の何かはなさそうでした(-.-;)

注文したのは一択の 伊吹いりこ淡麗煮干限定A 醤油

注文したのは、一択しかない 伊吹いりこ淡麗煮干限定A でした。
注文時に醤油か、塩か聞かれましたが今回は醤油(醤油を注文している人の方が多かった)。
その写真がこちらです!

ではでは静岡市の煮干ラーメン、いただきます

ではでは、淡麗煮干ラーメン、いただきます!
うーむ、やはり煮干の臭いと、煮干の苦みが明らかにしますね。

チャーシューは、ラーメンが来た時にはピンク色でしたが、
ラーメンに付けているうちに、若干色が変わり面白い^^

最終的に、煮干の苦みがあるけど、ついつい飲んでしまうラーメンスープ。謎

俺的勝手な感想

★★★☆☆
星3.5個

う~ん、煮干ラーメンの美味しさは俺にはわからないのだろうか?
やはり、凄く美味しいという訳でもなく、不味いという訳でもなく。
しかし、これだけ混んでいるということはコアなファンがいるということですね、煮干ラーメンに。
今回も、おすすめラーメンは食べれず、残ったラーメンだったのなんとも言えませんが、なあ体に良さそうで、さらにラーメンなのでスープも飲みたくもなりますが、
煮干し煮干しした感じはありますので、やはり煮干ラーメンは人によって好き嫌いがありそうです(-.-;)万人受けでは無いですね。

場所:〒420-0839 静岡県静岡市葵区鷹匠3丁目1−1

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です