お一人様向き

焼津インター近くの自家製麺ラーメン樽に冷たいラーメンを食べに

また冷たいラーメンを求めて、静岡市の隣町の焼津市にラーメン遠征ランチに行ってきました。
焼津・藤枝・島田は、朝ラー文化(冷たいラーメン)の聖地ですからね!

今回行った、焼津インター近くのラーメン屋「樽」は、自家製麺を使っているという話を聞き、行ってきました。

らーめん樽は駐車場が一杯に見えるたが店内は混んでいなかった

最近、気が付いたのですが、静岡市の街中とかより地方のラーメン屋の方が混んでいたりしますね(-.-;)

思ったんですが、静岡市の街中とかの場合、目的のラーメン屋が混んでいたら近くの別の店に直ぐ入れますが、焼津とかで目的のお店が混んでいると引き返すのも難しく、路頭に迷うんですよね、、、だからみんな引き返せずに混んでいるのではないかと、思っています(俺の地方のラーメン屋が混む理論笑)

平日のランチタイム12時半頃、
ラーメン樽は、駐車場が混んでいて、「これはお店の中も混んでいるのかな?」と思い、諦めかけたのですがが、店内に入ってみますと意外と店内は空いていまして、半分以下くらいの席の埋まり率でした^^
勝手にランチを諦めなくて良かったです(-.-;)

駐車場はどこに駐車しても良いとのこと

俺は普通に、ラーメン樽側の駐車場に駐車出来たのですが、
他のお客さんは、ラーメン樽側に駐車出来なくて、店員さんに「どこに駐車しても良いのか?」と聞いていました。

結果、「どこでも良い」と回答をしていましたので、隣の龍ちゃん食堂と共同の駐車場のようです。

焼津の朝ラーのお店。らーめん樽は朝7時より営業

焼津のラーメン屋も朝ラー文化ですからね。
ラーメン樽も、朝の7時から営業している看板が出ていました。

朝ラーらしく、他のお客さんを見てみますと、温と冷(温かいラーメンと冷たいラーメン)の二つを注文しているお客さんもいました。さすがに冷たいラーメンはミニサイズのラーメンを注文していましたけどね。

店内に入りまずは食券機で注文する

まずは、店内に入ると食券機がありますので、食券を買います。
どれにしようか悩ましかったですが、目的の冷たいラーメンにしました。

  • 冷やしラーメン、お値段680円

「冷やしラーメン」と表現されると、普通の甘酸っぱい系の冷やしラーメンが出てくることもあるので、ドキドキしながらカウンターで待ちました。

お水はセルフサービスで、おしぼりは無し、ティッシュはありました。

注文したのは冷たいラーメン(冷やしらーめん)

良かったー。

甘酸っぱい系の冷やしラーメンではなく、俺のイメージしているわさびの似合う冷たいラーメンでした^^
よく、焼津藤枝にある「冷(れい)」のラーメンですね!

わさびは別のお皿で出てきました。紅ショウガもお好みで

ラーメン樽では、わさびは別のお皿で出てきまして、お好みでいれるタイプでした。
ラーメンが来たら店員さんが紅ショウガのケースを近くに案内してくれまして、紅ショウガも好みで入れるんだなと理解しmさいた。自分で取って好きなだけお好みでいれる感じのシステムでした。

ではでは、
いっただっきま-す!

ズズズズズー

冷たいラーメンのスープも焼津の冷たいラーメンらしく美味しかった

ラーメンスープも思わず飲み干してしまうくらい飲んでしまいました^^
(危険キケン)

俺的勝手な感想

評価 :4/5。

星4つ!

ラーメン樽のラーメンは、俺が好きな志太系の焼津や藤枝のスタンダードな味わいの冷たいラーメンでした。
麺も美味しかったし、この日本人に万人受けしそうな冷たいラーメンの普通さが食べやすく好きです。

ただ、ラーメン樽のメニューにありました「あぶちゃん」と言われるラーメン、どこかで噂に聞いたことがありますね、今度はあぶちゃんも食べてみたいです^^


場所:〒425-0092 静岡県焼津市越後島361−1

らーめん樽ラーメン / 焼津駅西焼津駅
昼総合点★★★★☆ 4.0

ABOUT ME
静岡フナ
静岡フナ
ハンドルネーム:フナ 静岡をこよなく愛しているサラリーマン(ついに40代男、月日は恐ろしい、、、)。 静岡を散歩し、日々いろいろ観察し発見を心がけています。 ※普段はサラリーマンらしくスーツです 特徴としましては ・辛さに弱く ・日差しに弱いです 以前は、静岡探検倶楽部でブログをしていました。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です